【コルゲート】自宅で使えるホワイトニング歯磨き粉とジェル

セルフホワイトニング

「自宅でできるケアで、なるべく簡単に歯を白くしたい!」という目標のもと、いろいろ試してきたセルフホワイトニング商品。最近、やっとお気に入りの”いつメン”が定まってきました。2019年11月現在の、リピ買いしている歯磨き粉やジェルなどをまとめます。

歯ブラシとフロスでまずは基本のケア

歯ブラシ

ホワイトニング以前にまず欠かせない、歯磨きとフロスでのお手入れ。いくら歯を白くしても、歯石や虫歯があったら台無しなので、好きになれるツールを探してきては真面目に取り組んでいます。

G・U・M(ガム)のデンタルブラシ

4か月に一度、定期検診に通っている歯医者さんから教わった、歯ブラシ選びのポイントは下記のとおり。

  • 毛先がまっすぐにカットされている
  • ヘッド部分が小さめ
  • 柔らかめの毛

条件すべてに当てはまって、ドラッグストアですぐに手に入るGUMの歯ブラシを愛用しています。

「青の超先細毛」というシリーズで、色は何色かあるけれど、透明を選ぶと洗面台になじんでいいかんじ。ちなみに歯ブラシ立ては無印です。

これ、猛烈にお値段以上と思うのは私だけじゃないはず!

類似の商品と比較して安いのに、唾液に触れると糸がボワンと広がって、しっかり歯と歯の間の汚れをからめとってくれます。さらに嬉しいのが、表面のシールが簡単にはがせて、写真みたいにまっ白な状態にできるところ!

シンプルで清潔感ある洗面台にあこがれるので、地味に外せないポイントです。

歯磨き粉は2品を気分で使い分け

コルゲートの歯磨き粉

ここからが本題。なるべく簡単に歯を白くしたいので、毎日必ず使う歯磨き粉でのホワイトニングは欠かせません。

THIS IS WHITE(ディスイズホワイト)のリキッド歯磨き粉

一見マウスウォッシュのように見えるけれど、実はリキッドタイプの歯磨き粉のTHIS IS WHITE。歯磨きの前に、普通のマウスウォッシュみたいにこれで口をゆすいで、その後何もつけていない歯ブラシで歯を磨きます。

液体だから、歯のスキマなどの細かい場所にも剤が届くというアイディアがすてき。歯を白くするだけでなく、白くした歯に色が付きにくくする予防効果もあります。

ちなみに味は、かなり美味しいオレンジミントの香り! 口が一瞬でサッパリして気分が良いので、寝起きの朝に使うことが多いです。

唯一の欠点は、webか電話でしか注文できないところ。ロフトとかに置いてもらえたら嬉しいなあ。

Colgate(コルゲート)の歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉といえばコルゲート! アメリカのブランドで、日本では配合できない量のホワイトニング剤が入っているそう。初めて使った時は、くすみが取れたみたいに歯が明るくなってびっくり!

日本の店頭では買えないけれど、楽天やamazonで探すことができます。わたしは割安で手に入る、海外旅行でまとめ買いすることが多いです。

タイでのコルゲート購入記録はこちらから↓

タイ・バンコクで買った自分へのお土産コスメ5つ【ボディ・パーツケア編】
タイ・バンコクのデパートやドラッグストアをまわって買い集めた、自分へのお土産コスメ(ボディ・パーツケア)をまとめます。

コルゲートにもろいろ種類があって、なかでもLUMINOUS WHITE(ルミナスホワイト)が効く!ときいて以来、積極的に探しています。ところがなかなか見つけられなくて、上記写真のOPTIC WHITE(オプティックホワイト)を使うことも。そもそも「ルミナスホワイトとオプティックホワイトは、販売国によって名前を変えているだけで中身は同じ説」なんかもあって、謎は深まるばかり。あまり深く考えずに選んでもいいのかもしれません。

コルゲートの歯磨き粉は主に夜に使用していて、すこし辛いのが難点。こてんぱんに疲れて、歯磨きにすら優しくされたい日には、前述のTHIS IS WHITEを夜にも使います。

1~2週間に1回のジェルホワイトニング

毎日のホワイトニング歯磨き粉に加え、1~2週間に1回はマウスピースを使ったジェルホワイトニングをしています。歯磨き粉でのケアでは表面の茶色っぽいくすみが落ちる一方、ジェルでは黄ばみがしっかり抜けて、青白く透明感のある歯になるイメージ。歯磨き粉だけでは落としきれない着色をクリアにしてくれます。

Opalescence(オパールエッセンス)のホワイトニングジェル

オパールエッセンス

使っているのは、オパールエッセンスというホワイトニングジェル。有効成分の濃度が選べて、わたしは下から2番目の15%を使います。濃度が高い方がホワイトニング効果は高くなるけれど、使用後の知覚過敏もその分キツくなるもの。効果と副作用のバランスを試行錯誤した結果、今のところは15%がベストかなあと思っています。

わたしはマウスピース矯正をしているので(矯正をしていない人でも、歯医者さんでマウスピースは作れるはず)、そのマウスピースにこのジェルを入れて、寝ている間に歯をジェル漬けにします。15%でも一晩使うと、翌朝には目に見えて色が抜けるからおもしろい! 知覚過敏もゼロではないけれど、翌日のお昼ごろには気にならなくなる程度です。

こちらも海外の商品なので、日本の普通の店頭では見つけられません。海外通販やバイマ、保険外診療をしている歯医者さんなどで買っています。

ふね

美容部員・化粧品企画を経て、今は編プロ勤務の編集ライター。
化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。
美容は好きだけれど、あくまで気分をよくする手段のひとつ。
目の前の楽しさを追い続けることで、愉快で朗らかな一生を完成させる人生設計です。

ふねをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヘア・ボディケア
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました