洋服ブラシでウール・カシミアをお手入れ

洋服ブラシ

「ウールのコートやカシミアのストールは、洋服ブラシでこまめにお手入れするべし」とは聞いていたものの、いかんせん面倒くさそうで、スルーするまま数年が経っていました。ところが最近、ようやく重い腰を上げて購入してみたところ、効果は歴然! もっと早く買っておけばよかったと後悔したのでした。

薄手のアイテムには馬毛のブラシ

いろいろ調べてみたところ、「スーツや厚手のウールコートなどにはコシのある豚毛のブラシ、カシミアや薄手のセーターなどには繊細な馬毛のブラシが良い」とのこと。わたしは主にセーターやストールなど、柔らかいもののお手入れに使用する予定だったので馬毛をチョイスしました。

Amazonにおすすめされた、3000円程度のものを購入。

見た目のわりに、馬毛は細くしなやか。歯ブラシでいったら間違いなく「やわやかい」にカテゴライズされるような毛質です。その分密度は濃く、ブラシが毛先までギュッと詰まっているかんじ。

小さすぎると何往復もブラッシングする必要がでてきてしまうから、とくにコートなど大物のお手入れを想定している人は大きめを選んだほうがよさそうです。

わたしはブラシ部分がちょうど手のひらに収まるくらいのサイズ感を選んだけれど、これ以上小さかったら大判ストールなどのお手入れは面倒くさくなってしまいそう。

ウールの表面にツヤが戻ってなめらかに

洋服にブラシをかけることの効果は、おもに2つ。

  1. 細かなちり・ホコリを払える
  2. 繊維をとかすことで、毛玉を予防する

なかでも期待していたのは、後者の毛玉予防の効果。

いっそ毛玉にまで成長してしまえば毛玉取り機を使えばいいけれど、毛玉予備軍のようなモロッ……ボコボコッ……としただけの状態では、手の打ちようがなく気がかりでした。

毛玉予備軍を抱えたウールのコート

毛玉予備軍を抱え、モロッ……ボコボコッ……としたコート。

そんな毛玉予備軍を除去てくれるのが、洋服ブラシでのブラッシング。絡まった繊維をほぐすようなイメージで何度もなでると、毛並みが整って服の表面にツヤすらでてくることもあります。

はじめは服が傷むのが怖く、恐る恐るとかしていたけれど、意外にガシガシ動かしても大丈夫。

洋服ブラシでのお手入れ

Before→After

ポケットやそでの周りなどは、摩擦がかかって毛玉っぽくなりやすいゾーン。それでもササッと洋服ブラシをかければ、この通り毛並みがきれいに! ブラッシング後は美肌加工アプリを使ったようななめらかさで、手触りも明らかに変わるのが面白いです。

お手入れ次第で服の価値は上がる

お手入れ前後の変化を見るのが楽しくて、家中のセーターやコートにブラシをかけ尽くすまで続いた(わたしのなかでの)ブラッシングブーム。

さんざんブラシがけをしてみて分かったのは、ブラッシングのお手入れは、高級服のためだけにあるわけではない!ということ。それどころか、ごく普通に消耗しつつある庶民的な服でも、洋服ブラシをかけることで蘇ったり、上質そうな毛並みに変化したりと伸び代を発揮。

いっときのブームに終わらせず、ぜひ習慣にしたいお手入れの一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらし
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました