透明感を底上げする、ハトムギジェルパックのやり方

ハトムギジェルパック

最近、ナチュリエのハトムギ保湿ジェルを使ったジェルパックがマイブームです。なかでもお気に入りのやり方が、ハトムギジェルとシートマスクを重ねて使うジェルパック。ALLプチプラでもタップリ重ね付けすれば、翌朝の肌にパーンと透明感が出てくれます

乾燥やエイジングで肌がしぼみ、毛穴が目立ちやすい頬のあたりもふっくら!気合を入れたい日の前夜や、当日の朝にもおすすめです。

スポンサーリンク

ジェルパックの手順1:洗顔後、普通に化粧水をつける

用意するのは、

  • 化粧水
  • ハトムギ保湿ジェル
  • 美容液
  • 乳液orクリーム

の4つ。まずは洗顔後、普通に化粧水をつけます。

化粧水は何でもいいと思うけれど、プチプラ化粧水ならmatsukiyo W/M AAA (マツキヨ ウーマンメソッド トリプルA)が最近のお気に入り。リポソーム技術の使われている保湿系の化粧水で、肌にぐんぐん入っていって保湿が長続きします。香料がややキツい点、容器のポンプがちょっと使いにくいのが気になるけれど、コスパの良さを思えばその程度のことは気にならない!

「容器や包装ではなく、バルク(容器の中に入っている化粧品そのもの)にコストをかける」というコンセプトにも共感できるし、いい製品だなあと思います。

ジェルパックの手順2:美容液をつける

化粧水のあとは美容液。これも何でもいいと思うけれど、しいて言えば保湿系以外の美容液がおすすめです。保湿はこのあとにつけるハトムギジェルやシートマスクで充分できるから、ここでは美白やアンチエイジングものを入れておきたいところ。

わたしがよく使うのは、メラノCCの美容液ビタミンCとビタミンE誘導体が入っているし、容器にもきちんと酸化防止の工夫がされていて安心感があります。これが1000円しないのはすごい!

ジェルパックの手順3:ハトムギジェルを大量に塗る

次に、ようやくお待ちかねのハトムギジェル!ポイントは、容赦なく大量に塗ること。この1点に尽きます。

顔全体で500円玉2枚分くらいを使用。とても顔になじみきるような量ではないので、最後は塗るというよりも盛る、あるいは伸ばすのに近い感じです。せっかくのプチプラアイテムなので、ここは惜しみなく贅沢に使います!

ちなみに、なぜ美容液の後にハトムギジェルを使うかというと、同じような剤型のアクセーヌ モイストバランスジェルや、クリニーク モイスチャーサージには「その前につけたスキンケアの浸透を高める」という効果があると美容部員さんに聞いたため。ハトムギジェルにも同じ効果があるかはわからないけれど、期待を込めてこの順番で使っています。

ジェルパックの手順4:シートマスクをつける

ジェルで顔中をべとべとにしたら、その上からシートマスクを貼ります。すでに大量のジェルを塗ったあとなので、とろみの少ない、シャバシャバ系のマスクがおすすめ。

あまり時間がないときは、シートマスクは飛ばしてジェルだけでパックしてもOKです。たとえば朝の洗顔後に、「化粧水→美容液→ハトムギジェル→歯磨きしつつ時間を置く→クリームでフタ」のケアをすると、かなりしっかり保湿できて、1日中うるおいがキープできます。

ジェルパックの手順5:乳液やクリームでフタ

10分くらい置いたらシートを外し、顔に残ったジェルを首まで馴染ませてから乳液orクリームでフタをします。ここまででかなりの量の保湿剤を付けているので、乳液やクリームを重ねるのは頬や目まわりなど、乾燥しやすい場所だけで十分。

わたしが今使っているのは、キュレルの顔・体に使えるバーム。クリームよりも重めのテクスチャーで、花王の「塗り直しなど不要! 本気で丸1日保湿してみせる!!!!」という熱意を(勝手に)感じられる保湿力です。

お風呂の中でもジェルパック

ハトムギジェルを使ったジェルパックは、お風呂の中でするのもおすすめです。髪・体・顔を洗ってからジェルパックをして、そのまま10~15分ほど湯船に浸かれば、ますます肌がプリプリに。お風呂から上がっても洗い流さず、上から乳液などを重ねてフタをすればOKです。
わたしはたまに、メイクも落とさず、お風呂にも入らず寝落ちしてしまう日があるので、そんな日の朝風呂にもピッタリなレスキューケアです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふね

美容部員・化粧品企画を経て、今は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。
美容は好きだけれど、あくまで気分をよくする手段のひとつ。目の前の楽しさを追い続けることで、愉快で朗らかな一生を完成させる人生設計です。

ふねをフォローする
スキンケア 美容
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました