どうせ崩れるマスクメイク。いっそノーファンデが正解

マスクの日のベースメイク

マスクメイクの1番の悩みと言えば、「メイク崩れ&ヨレ」。とくに目の下や頬のあたりはこすれやすく、どうしてもベースメイクが崩れてしまいがちです。

その上、マスクにべったりファンデーションが付くのもあまりいい気分じゃないし……ということで、いっそノーファンデが正解なのでは?という結論にたどり着きました。

  • 高機能な日焼け止め下地
  • 極薄に伸ばしたコンシーラー
  • フェイスパウダー

シンプルなベースメイクなら崩れようがないし、マスクが汚れる心配も少なくて済むというもの。高機能な日焼け止め下地を使えば、ノーファンデでも十分きれいな肌をキープできます。

メイクの時短にもなるし、普段着メイクにぴったり!何より肌が軽くて、とっても快適です。

スポンサーリンク

高機能な日焼け止め下地を活用

ノーファンデでもきれいな肌をキープするにあたり、重要なのが高機能な日焼け止め下地を使うこと。トーンアップ効果があったり、適度に皮脂を抑えてくれたりと、たんに肌を整えるだけじゃない+αの機能が付いたベースを選ぶのがポイントです。

加えて敏感肌なわたしとしては、肌負担が少ないことも絶対条件!肌に優しくて、日焼け止め効果があって、しっかり美肌に見せてくれるものを選んだ結果、

  • IHADA(イハダ)の「薬用UVスクリーン」
  • ラロッシュポゼの「UVイデア XL プロテクション トーンアップローズ

の2つを日によって使い分けるようになりました。

IHADAの「薬用UVスクリーン」

IHADA(イハダ)の薬用UVスクリーン

ノンケミカル&石けんで落ちるのに、SPF50+、PA+++と日焼け止め効果もしっかりあるIHADAの「薬用UVスクリーン」。抗炎症成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」が入っているのも、敏感肌的にはものすごく嬉しいポイントです!

グリチルリチン酸ジカリウムは、敏感肌用スキンケアではかなりポピュラーな成分。炎症を抑えてくれる効果があるので、敏感肌用化粧品はもちろん、にきび肌向けのスキンケアにも医薬部外品の有効成分としてよく入っています

そのため、「ほほに赤みが出ている」「吹き出物が出てしまった」なんて日でも、IHADAの薬用UVスクリーンなら安心してメイクがでます。普通に生きているだけでしょっちゅう肌が荒れる敏感肌としては、有難すぎる存在!

しかもこの日焼け止め、肌に優しいだけじゃなくてトーンアップ効果もすごいんです。塗る前と塗った後を比較してみると、その効果は一目瞭然。下の写真を見ると、左手の方が白く透明感が出ている上、色むらが均一に整っているのわかると思います。

IHADA(イハダ)の薬用UVスクリーン

こんなにしっかり色を補正してくれる上に、日焼け止め特有のきしむような皮膜感もないし、乾燥しにくいのにテカリも抑えてくれるし、1500円くらいで買えちゃうし……コスパまで良くて大満足!

日焼け止め自体の色も白くてさらっと仕上がるので、マスクうつりの心配もありません

マイナス点を挙げるとすれば、トーンアップ効果が高いがゆえに、肌の色が濃い人だと白浮きしそうなところ。やや地黒なわたしでギリギリ使えるくらいなので、思い切り日焼けしてしまった人などは色を確かめてから買った方がよさそうです。

ラロッシュポゼの「UVイデア XL プロテクション トーンアップローズ」

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクション トーンアップローズ

IHADAの薬用UVスクリーンが比較的サラッと仕上がるのに対し、ツヤっと生っぽい肌に仕上がるのが、ラロッシュポゼの「UVイデア XL プロテクション トーンアップローズ

その名の通りローズピンクの色がついた化粧下地で、IHADA同様に石けん落ち&SPF50+、PA++++の日焼け止め効果があります。

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクション トーンアップローズ

出してみるとこんな感じ。たしかにピンクがかってはいるのですが、伸ばして馴染ませるとそこまでピンク感はありません。それよりも、ツヤツヤっと生っぽい質感に仕上がるのがこの下地の良いところだと個人的には感じています。

お風呂上りのスキンケア直後みたいな、水分をたっぷり含んだようなツヤ肌に仕上がるので、乾燥しやすい季節にもぴったり。かちっとしたジャケットよりも、ゆるっとしたニットの日に似合うイメージです。

ポニーテールでおでこを丸出しにする日に使って額をまあるく見せたり、ジューシーな赤チークと合わせてピュアなメイクに仕上げたり……ツヤ感を生かしたメイクに仕上げるのがとっても可愛い!

ただしこちらのUVイデアには、あまり補正力はありません。地肌の色がそれなりに透けるので、肌コンディションの良くない日に単体で使うのは少し難しいかな~という感じ。

逆にコンディションの良い日にこれを使ってツヤを出すとすごくキレイに仕上がるので、日によって上手に使い分けたいアイテムです。

しなやかコンシーラーなら目元も崩れない

Dior(ディオール)スキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

メイク下地で顔全体のトーンを整えたら、追加で補正の必要な箇所だけにコンシーラーを乗せていきます。

コンシーラーは、

  • にきびやシミなど、ピンポイントで隠したいもの&頬やフェイスラインなど、あまり動かない場所→固形タイプ
  • クマやくすみなど、面で隠したいもの&目や小鼻まわり、口元などのよく動く場所→乳液タイプ

と、使う場所によって剤型を使い分けるのが崩れにくくするコツ。わたしの場合はもっぱらクマ隠しに使うので、コンシーラーはいつも乳液状を選んでいます。

なかでも最近どハマりしているのが、ディオールの「スキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー」コンシーラーなのにツヤと透明感があって、しなやかに肌の動きに付いてきてくれる優れモノです。

目まわりのコンシーラーって本当に難しくて、ただでさえヨレやすいのに、その上マスクまで付けたら悲劇的……と思っていたのですが、ディオールのコンシーラーを薄ーくつけるようになってからは、かなり改善されました。

Dior(ディオール)スキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

一回に片目に使う量は、上の写真の丸1.5個分くらい。よく伸びるコンシーラーなので、ごく少量で十分です。

さらに指ではなくスポンジを使うことで、余分なコンシーラーを吸い取りながら丹念に馴染ませていくのがポイント。厚塗りはメイク崩れの元なので、とにかく薄ーく密着させるのがマスクメイクのコツです。

そもそも乳液タイプなのでガッツリ肌を隠すような補正力はないけれど、ツヤと光で厚塗り感なく粗を飛ばしてくれるのがこのコンシーラーの良いところ。頬骨の上まで伸ばせばハイライト代わりにもなります。

「クマ隠しメイク、崩れやすすぎ問題」にはもうずっと悩んできたけれど、このコンシーラーはその1つの解になってくれた感があります。開発して、販売してくださったディオールの皆さん、本当にありがとう!!

スポンサーリンク

コンシーラーの上にお粉はつけない

メイク下地、コンシーラーが終わったら、最後はお粉で仕上げます。使っているのは、コスメデコルテの「フェイスパウダー」。いわずと知れた名品パウダーです!

コスメデコルテのフェイスパウダー00

わたしが使っているのは、「00 trans lucent」という色の付いていないもの。マスクに色が付かない上、細かいパールが入っているおかげで、お粉なのにみずみずしく仕上がるのが特徴です。

「つやつや」というよりは「しとしと」とした、ナチュラルで上品なしっとり感を演出してくれるのが大好き!本当なら顔からデコルテまで塗りたくりたいのですが、唯一、コンシーラーの上だけは避けるようにしています。

コンシーラーの後ってついお粉でおさえたくなるのですが、「粉でおさえてフィックスする=メイクが固まる=表情に合わせて付いてこられなくなる=メイク崩れの原因になる」と聞いて以来、コンシーラーの上だけはパウダーを乗せるのを止めるようになりました。

実際、お粉でおさえるの止めてからは目の下のコンシーラーが崩れる頻度がぐんと落ちた上、万が一崩れてしまった時でもメイク直しが簡単!「コンシーラーは粉でおさえないと崩れる」と思い込んでいましたが、(しっかりコンシーラーが密着している前提で)むしろ逆だったんだなあと思い知りました

「オイリー肌でテカリが気になる!」という人には向かないかもしれないけれど、わたしみたいに「乾燥して粉が浮いて崩れる」タイプの人の場合は、試してみる価値のある化粧法かなと思います。

Rouje Parisのリップパレット

ちなみにマスクの日のチークには、Roujeのリップパレットと「パリジェンヌのつくりかた」で紹介したリップをブラシで付けるのが最近のお気に入り。じゅわっとした発色&マスクとの摩擦にも負けない色もちが頼もしく、ついこればかり使ってしまいます。

そしてマスクは、ムレない&肌荒れしない!シルクマスクのおすすめと洗い方の記事で紹介したシルクマスクを使っています。不織布マスクだとどうしても頬がこすれて痛かったのですが、シルクマスクに替えてようやくマスク荒れから解放されました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふね

美容部員・化粧品企画を経て、今は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。
美容は好きだけれど、あくまで気分をよくする手段のひとつ。目の前の楽しさを追い続けることで、愉快で朗らかな一生を完成させる人生設計です。

ふねをフォローする
メイク 美容
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました