パラドゥのネイルファンデーション4色を比較。限定色も!

ParaDo(パラドゥ)ネイルファンデーション

左から、ベージュオークル(BO)、ピンクオークル(PO)、”キュン”とモテ色ピンク(PK)、想われピンク(PK2)

ナチュラル美爪に見せてくれるプチプラネイルの定番といえば、ParaDo(パラドゥ)のネイルファンデーション。定番色は、「ピンクオークル(PO)」と「ベージュオークル(BO)」の2色があります。

限定色については、2017年の冬に「”キュン”とモテ色ピンク(PK)」、2018年の冬にも「想われピンク(PK2)」が発売されました。

パパッとキレイに塗れる、清楚なすっぴんネイル

少なく見積もっても、365日中の300日はお世話になっているネイルファンデーション。何がそんなによいかというと、

  • 「キレイにネイルを塗っている手」ではなく、「元から爪がキレイな人の手」になれる
  • ベースコート・トップコートいらず。直に塗っても爪が黄ばまない!
  • 1週間くらいなら剥がれないし、ナチュラルすぎて多少なら剥がれてきても目立たない
  • とにかく速乾。パパッとてきとうに塗ってもハケの跡が残りにくい
  • セブンイレブンで500円(税抜)で買える

——などなど。すっぴん清楚で清潔感のある仕上がりと、疲れ果てた夜の0時からでも、「まあ、ネイルファンデーションならパパッと塗ってすぐ寝られるしね」と思える頼もしさが揃っています。

仕事もあるし、家事もしないわけにはいかないし、それでも身ぎれいでいたい!あと疲れたくない!という人(そしてズボラなわたし)にはピッタリな製品です。

マニキュアを塗る前のネイルケアについては、こちらの記事でまとめています

定番2色はかなり似た色。限定色はピンクみが強くかわいらしい

色の違いはというと、正直、定番の2色(PO:ピンクオークルとBO:ベージュオークル)はあまり変わらないかも……?というかんじ。ベージュオークル(BO)の方がやや白っぽいミルキーな発色だけれど、1度塗りだとピンクオークル(PO)との見分けはほとんどつきません。

一方、限定の2色は、どちらもピンクみの強い血色感のある仕上がり。2018年の限定色「想われピンク」の方がよりピンクみが強く、かわいらしい雰囲気です。

地黒なわたしはベージュオークル(BO)だと白すぎて肌がくすんで見えやすいため、ピンクオークル(PO)と「”キュン”とモテ色ピンク(PK)」を愛用中です(「想われピンク(PK2)」もたまに使うものの、ピンクがよく発色してかわいい分、塗っている感が出てしまうのが玉にキズ)。

一度塗り

一度塗りでも「想われピンク(PK2)」(小指)は、ほんのり血色のある爪に。定番の2色は、なんとなくベージュオークル(BO)の方が色が薄い……かも……?くらいの差にしか見えません。

二度塗り

二度塗りすると、ベージュオークル(BO)とピンクオークル(PO)の違いもやや分かりやすくなります。ベージュオークル(BO)の方がコンサバ、ピンクオークル(PO)の方がすこし女らしいかんじ。限定色は、「”キュン”とモテ色ピンク(PK)」の方が、ひかえめでコーラルがかった発色になります。

三度塗り

三度塗りまですると、色の淡いピンクオークル(PO)、ベージュオークル(BO)でもフリーエッジ(爪の白いところ)が透けないようになります。ナチュラル感は薄れるものの、ツヤがきれいな仕上がりに!

ベージュオークル(BO)の三度塗りはけっこう白いので、地黒を目立させたくない人はやっぱりピンクオークル(PO)がよさそうです。

スポンサーリンク

クリアベースなのでグラデーションも簡単

ちなみにネイルファンデーションは、透け感のある発色。そのため、グラデーションネイル(シロップネイル)がとっても簡単に作れます。

やり方は、「爪全体に塗る→爪の先から3/4に塗る→先から半分に塗る→先っぽだけ塗る→全体にもう一度塗ってなじませる」だけ!てきとうに塗っても失敗の少ない、気楽にトライできるアレンジです。

マニキュアを塗る前のネイルケアについては、こちらの記事でまとめています

セルフネイルケアを簡単に!便利なお手入れ道具3選
面倒くさいけれど、放置するととたんに生活感の出てしまう爪先。重度のズボラなわたしは、ギリギリ面倒くさくないレベルのセルフネイルケアを模索し続けています。ポイントは、優秀な道具を選ぶこと!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
メイク
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました