MENU
ふね
気楽に美容を楽しみたいアラサーOLです。敏感・乾燥肌。美容部員・化粧品企画を経て、現在は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ取得

体の日焼け止め、めんどくさい!ズボラでも続けられるお手軽4アイテム

体用日焼け止め

日差しが強くなってきて、そろそろ紫外線対策をちゃんとしなくちゃな〜と危機感をおぼえる今日このごろ。

とはいえ、体に日焼け止めを塗るのは本当にほんとうに面倒くさい!!!

まず塗る面積が広すぎるし、塗ってしばらくはペタペタして気持ち悪いし、塗った後の手がヌチっとするのもイヤ。日焼け止めの白い粉が服についたりしたらもう、最悪!!

……とまあ文句ばっかり言っていますが、紫外線対策が美肌に欠かせないことはよ〜くわかっているので、毎年イヤイヤながら頑張って体に日焼け止めを塗っています。

そんななか、今年は少しでも面倒くさくないように、4種類の体用日焼け止めを購入。スプレーやスティック型など手軽に使えるタイプも「プランB」として準備しておくことで、なんとかUVケアを継続できています!

目次

プチプラ×ジェルタイプを主軸に

体用の日焼け止めとして、1本は持っておきたいジェルタイプのプチプラ日焼け止め。よくドラッグストアに並んでいる、ビオレとかニベアとか、そういうやつですね。

みずみずしいテクスチャーで、塗ってしばらくするとサラサラになり、白い粉が服につかないジェルタイプはやっぱり王道で便利!1000円前後のプチプラ製品にも選択肢が多く、全身に惜しみなく使えるのも嬉しいポイントです。

ただし、みずみずしく伸びが良い分、汗や摩擦に強い……というわけではないのがこの手の日焼け止めの欠点。デスクワークの日など、屋外にいる時間がそこまで長くない時用としてメインで日常使いしています。

ロート製薬 スキンアクア

現在私が使っているのは、ロート製薬のスキンアクア。たいていのドラッグストアで買える大定番商品です。

スキン「アクア」の名の通り、水みたいにサラッとゆるいテクスチャーが好きで、何だかんだ毎年買ってしまうアイテム。みずみずしく肌なじみが早いので、塗ってすぐサラサラになる点も使いやすいです。

ロート製薬 スキンアクア

ジェル自体は白いけれど、肌になじむと白浮きせず、服に白い粉がつくこともありません。キシキシ感もないし、普段使いの日焼け止めとしては十分な使用感!

加えて地味に嬉しいのが、この手の日焼け止めとしては珍しく無香料なところ!

この価格帯で表現できる香りには正直あまり期待できないので、妙に安っぽい香りがついているくらいなら、潔く無香料にしてくれた方が嬉しいなと思っています。

同じようなジェルタイプだと、excelの限定日焼け止めも気になるところ。「使用感がすごくいい!見つけたら買い!」とTwitterでも評判だし、売り切れ前にストック買いしておくか悩んでいます。

塗り直しにも便利なスティックUV

JMsolution スティック日焼け止め

わたしがマメで、毎日ちゃんとジェル日焼け止めを体に塗れる性格だったらよかったのですが、もちろんそんなワケはなく……。

とくに短時間の外出や、ほぼスッピンでフラッと出掛けるだけの時は、体まで日焼け止めを塗るのがどうしても面倒くさい!顔の紫外線対策だけで精一杯です。

そんな時に活躍するのが、スティックタイプの日焼け止め

  • 塗るのに時間がかかる
  • 塗った後の手がベタつく

などの手間を省いて紫外線対策ができるので、面倒くさがりのマストハブな日焼け止めです。

JMsolution スティック日焼け止め

わたしが気に入って使っているのは、JMsolutionのビタミンアンプルUVスティック クリア

これの何がすごいって、よくある「塗って乾くとサラサラになる」タイプじゃなくて、「塗った瞬間からサラサラ」になること!!!

JMsolution スティック日焼け止め

スティック自体はこんな感じでツヤのある見た目で、肌当たりも柔らかくスルッと塗れるのに、塗った直後からびっくりするくらいサラサラすべすべな仕上がりになります。本当に不思議……。

シリコン系の毛穴カバー下地みたいなサラサラ感だから、なんとなく皮脂にも強そうな印象。

とにかく使いやすいし、服が白くならないし、SPF50+あるしで、これは本当に買ってよかった日焼け止め!コンパクトなので、持ち歩いて塗り直し用としても使っています。

スプレー式こそ高性能ブランドが安心

手を汚さず使えて、とっても便利なスティックタイプの日焼け止め。でも、唯一欠点もあって……それは、広い面積を塗るには時間がかかりずぎること!

腕全体とか、デコルテの広い範囲をスティックで塗りつぶすのは意外と手間がかかります。手の甲や首にチャチャッと使ったり、塗り直しに使うには最適だけれど、広範囲をスティック日焼け止めだけで塗りつぶすのはやっぱり面倒くさい……。

そこで「プランB」の次の「プランC」として用意しているのが、広範囲に短時間で噴射できるスプレータイプの日焼け止め!

ビオレ アスリズム スプレー

スプレーなら1分もかけずに体中に日焼け止めを塗れるので、面倒くさがりのわたしでも、これならサボらず使えます。頭皮や手の届かない背中でも簡単に紫外線対策ができる点においても、あると便利な日焼け止め。

ただ、スプレータイプはどうしても「きちんとUV対策できているか?ムラになっていないか?」が心配なので、必ずUVカット効果の高いブランドから選ぶようにしています。

高性能日焼け止めにも色んなブランドがあるけれど、わたしは断然、花王のアスリズム派!何年か前に、猛暑のタイで汗にまみれながら川泳ぎしても微塵も日焼けしなかったことがあり、それ以来絶大な信頼を寄せています。

ビオレ アスリズム スプレー

アスリズムの公式ページによると「40℃・湿度75%の過酷な環境にも耐える」そう。そんな過酷な環境に行く機会ある??と思ったけれど、毎夏、数日間は東京にもそんな日があるもんね……。

これだけ強力な紫外線防止効果があるのに、敏感肌のわたしでも問題なく使える点もアスリズムのスゴいところ。顔の日焼け止めすら面倒くさい日は、目をつぶって顔中にアスリズムのスプレーを噴射することもあるのですが(我ながらずぼらすぎる……)、かぶれることなく使えています。

絶対に焼けたくない日のための最強UV

ちなみにアスリズムは、エッセンス≒クリームタイプも必ずストックしています。

ビオレ アスリズム エッセンス

というのも、長時間屋外にいる日やレジャーに出かける日など「今日はいかにも日焼けしそうだぞ……」というシチュエーションでは、どうしても上記のジェル/スティック/スプレータイプでは心もとないため。

ビオレ アスリズム エッセンス
商品名は「エッセンス」だけれど、テクスチャーはほぼクリーム

タイで川泳ぎした時に使っていたのも、アスリズムのエッセンスタイプでした。

紫外線カット効果が強力な分、塗ってしばらくはややネチッと感がありますが、乾けばサラッとするし本気で紫外線対策をしたい日にはやっぱりこれ!

腕や脚、デコルテなどはアスリズムのエッセンスでベースを作って、塗り直しにスプレーやスティックを使うのもオススメの使い方です。

紫外線対策の継続は工夫しだい

数年前に訪れたタイの川
  • サラッと塗りやすいジェル日焼け止め
  • 手を汚さず使えるスティック日焼け止め
  • 広範囲を一瞬で塗りつぶすスプレー日焼け止め
  • 絶対に焼きたくない日の日焼け止め

の4種類を使い分けることで、なんとか続けられている体の紫外線対策。重度の怠け者かつ面倒くさがりでも、あれがダメならこれ、これがダメならそれ……と工夫することで、意外と継続できるものだなと感じています。

まぁ本当にやる気の出ない日は、去年購入した紫外線100%カットの日傘を目深に差して、そそくさと用事を済ませて帰ることもあるんだけれど。

体用日焼け止め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはこちら
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気楽に美容を楽しみたいアラサーOLです。東京都内在住。敏感・乾燥肌のイエベ秋。美容部員・化粧品企画を経て、現在は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ取得

目次