週に20分の簡単ヘアケア・トリートメント

自宅でできるヘアケア・トリートメント

週に1回の簡単なヘアパックを取り入れてから、髪の調子がとても良くなりました。使うものは、ちょっといいトリートメントと目の粗いくし、シャワーキャップの3つだけ。週に20分で簡単に美髪が手に入る、お気に入りのヘアケア方法です。

手順1:いつも通りにシャンプーする

まずは、普段と同じ要領でシャンプーを。シャンプーは気分によっていくつかを使い分けていますが、メインで使っているのはコラージュフルフルネクストシリーズです。

頭皮の菌のバランスを整えてくれるシャンプーで、髪というよりは頭皮ケアがメインのもの。アトピーかつ乾燥肌で頭皮が荒れがちなのですが、皮膚科で紹介されてコラージュフルフルを使い始めて以来、頭皮の乾燥や痒みがピタリと止みました。

よくある敏感肌むけのシャンプーは、肌に優しい代わりに髪がキシキシすることも多い一方、コラージュフルフルにはその心配がありません。泡がもっちりしていて、洗いあがりはしっとりです。

手順2:ちょっといいトリートメントを揉み込む

シャンプーの後、髪の水分をよく絞ったら、トリートメントをたっぷり揉み込みます。週に1回のスペシャルケアなので、ここはぜひ、いつもよりもちょっといいトリートメントを使いたいところ!

おすすめは、ミルボンのディーセス リンケージシリーズのような、1回分ずつアンプルみたいにパックされているもの。週に1回しか使わないのに、浴室にボトルが1本増えるのは邪魔なので、その都度使い捨てにできるものが便利です。

ちなみにリンケージのトリートメントは、使うと髪が柔らかく、しなやかになるのもポイント。髪の乾燥やパサつき、硬さが気になっている人におすすめです。

爽やかに甘い香りもお気に入り。使った翌日は、髪の香りをつい嗅いでしまいます。

手順3:目の粗いくしでとかす

髪の毛にトリートメントを揉み込んだら、目の粗いくしで全体をとかします。

というのも、手で揉み込むだけでは髪全体にトリートメントが行き渡らないため。くしを使うことで、手の届きにくい内側の髪にまでまんべんなくトリートメントを塗布できます

あまりにもくしの目が細かいと使いにくいので、適度に大ぶりなものを選ぶのがポイント。浴室でも使える、抗菌機能のあるくしが1000円以下で買えます。

ちなみに収納には、無印の「ひっかけるワイヤークリップ」が便利。挟んで吊るせば、浴室に置きっぱなしにしてもヌルヌルせず、清潔に使い続けることができます。

自宅でできるヘアケア・トリートメント

挟む力が強いので、くしが落ちることもありません

手順4:シャワーキャップをかぶって、15分くらい放置

トリートメントが髪全体に行き渡ったら、あとはシャワーキャップで保温しながら湯舟で最低15分ほど蒸らすだけ。半身浴をしたり、雑誌を読んだり、Netflixを観たり……のんびりしているうちに、髪の毛がぐんぐん回復してくれます

最後にきちんとすすいで乾かせば、サラサラな美髪の出来上がり! 1回でもしっかり効果を実感できますが、何度か繰り返せば、ますます髪がしなやかに。わたしは時間のとりやすい、毎週末の夜のルーティーンにしています。

セルフネイルケアを簡単に!便利なお手入れ道具3選
面倒くさいけれど、放置するととたんに生活感の出てしまう爪先。重度のズボラなわたしは、ギリギリ面倒くさくないレベルのセルフネイルケアを模索し続けています。ポイントは、優秀な道具を選ぶこと!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スキンケア
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました