MENU
ふね
気楽に美容を楽しみたいアラサーOLです。敏感・乾燥肌。美容部員・化粧品企画を経て、現在は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ取得

【アラサーOLの美容代記録】2022年8月は67,456円の出費

美容好きな都内在住のOLが、1か月に使った美容代をざっくりブログに記録する「アラサーOLの美容代記録」シリーズ。

2022年8月は67,456円の出費でした。プチプラ中心のお買い物だったから、品数が多くてなんだか得した気分!

それにしても、もう11月ってどういこと?わたしの9月・10月はどこへ行ってしまったのか……。

目次

ローラメルシエのお粉:6,893円

コロナ禍でマスク生活が始まって以来、ベースメイクはノーファンデ派。下地+コンシーラーちょこっと+お粉で仕上げる日々です。いろいろ重ねても、どうせ崩れちゃうからね。

お粉は長らくコスメデコルテを使っていて、「夜中に誰かこっそり補充してくれてる?」ってくらい全然減らなかったのだけれど、さすがに古くなってきたので買い替えることに。

コスメデコルテのパウダーをリピ買いしても良かったのだけれど、なんとなく飽きたので新しいお粉にしました。

わたしがフェイスパウダーに求める、

  • ツヤ感が残るマットすぎない仕上り
  • ラメ・パールなし
  • ルースタイプ
  • カバー力は不要で、肌色の透けるもの

という条件を満たしてくれる、ローラメルシエの「トランスルーセント ルースセッティングパウダー トーンアップ ローズ」(本体5,280円、パフ2枚セット1,870円)を購入!

そう、みんな大好きなピンク系のトーンアップパウダーです!!

といってもすごく白くなるわけではなくて、ほんのり透明感がアップしたな〜くらいのさり気ない仕上り。何より粉質がすっっごく細かく軽くて、ナチュラル&頑張りすぎないメイク好きにはたまりません。

ツヤを生かしつつテカリは抑えて、毛穴もぼかしつつ、ついでにちょっと透明感も足しておきましたよ〜みたいな感じ。お粉はこのくらいの軽さが丁度いいです。

トーンアップといいつつ白くなるタイプではないので、地黒めなわたしでも白浮きすることなく安心して使えています!

灰リスのフェイスブラシ:9,800円

これまでフェイスパウダーは付属のパフで付けていたけれど、ふと「大きくてフワフワなブラシでお粉を付けたら楽しいのでは?!」という天啓が降りてきたので、買いました。

ブラシの素材は色々あるけれど、わたしは「灰リス」の毛がダントツで好き。天然毛のなかでもとくに柔らかく、なめらかで優しい肌当たりが特徴の高級素材です。

初めて灰リスのブラシを買ったのは、アトピーで目の周りが荒れているものの、どうしてもアイシャドウを使いたかったとき。

肌が敏感になりすぎて指ですら触りたくなかったけれど、赤みも酷かったから何とかカバーしたくて、肌に優しそうな灰リスのブラシを買いました。フワフワな肌当たりがすごく優しくて、あのときは本当に助かりました!

灰リスの毛は柔らかい分コシが少ないから、大きいブラシではあまり使われないイメージだったけれど、楽天で理想通りの灰リスフェイスブラシを発見!しかも意外と安くてラッキー!(9,800円)

ふっさふさの柔らかい毛でホワワ〜とお粉を乗せられるから、パウダーが付きすぎることがなく、ツヤ残した仕上りが好きな私にはピッタリ。逆にマットな仕上りが好きで、しっかりパウダーを乗せたい人には物足りないかもしれません。

ローラメルシエのフェイスパウダーとの相性もよく、久々に更新したフェイスパウダー&ツールの組み合わせを使うのが毎朝楽しいです!

わたしが購入したのは、楽天の「匠の化粧筆コスメ堂」というお店のもの。同じ商品はもう売り切れてしまったみたいだけれど、ほかにも似た価格帯で灰リスのブラシが色々揃っていたので、コスパ良く灰リスブラシを試したい!という人にはおすすめです↓

熊野筆通販 匠の化粧筆コスメ堂
¥9,800 (2022/11/08 20:00時点 | 楽天市場調べ)

メラノCC:2,838円

今年の8月は友人家族と沖縄へ行ったのですが、子供のパワーってすごいんですね。朝から晩まで、ずーーーっと海とプールを往復してるの!体力えげつな!!

二泊三日の間、わたしも一緒になってヤドカリを探したり、プールで背浮きを披露したりしていたので、見事に焼けてしまいました。

日焼けで一時的に黒くなるのはまぁ仕方ないけれど、シミになって残るのは困るので、全身に惜しみなく使えるプチプラビタミンCスキンケアを慌てて購入。こういうときは、やっぱりメラノCCが頼りになります!

購入したのは定番美容液のプレミアム版の「メラノCC シミ集中対策美容液」(1,628円)と、SNSの口コミが良かった「しみ対策 美白ジェル」(1,210円)。

美容液はすでに何本かリピしている、安定の使用感。プチプラながらも効果が実感できるところ、容器がちゃんとしていて、有効成分を光や空気から守ってくれてそうな点が信頼できます。

ジェルは今回はじめて買ったけれど、かなりさっぱりした使用感!夏でも全身に使いやすくて重宝しました。秋冬に顔に塗るには物足りないかもしれないけれど、暑い季節のボディケアにはもってこいな商品でした。

ミノン美白フェイスマスク:1,650円

メラノCCの2アイテムとあわせて購入したのが、ミノンの美白フェイスマスク(1,650円)。敏感肌が安心して使えるプチプラフェイスパックといえば、やっぱりミノンだと思います。

ミノンの美白フェイスマスクは、夏の間は冷蔵庫に常備しておくと心強いアイテム。

化粧水をたっぷり→メラノCCの美容液→冷やしたミノンの美白フェイスマスク

の順番で重ねるのが、日焼けした日の定番レスキューケアです。たっぷりの水分とビタミンCを補給しながら、ほてった肌を鎮静できてすごく気持ちがいい!

現在使っているオルビスユーの化粧水は美白成分も入っているので、化粧水はとくに新調せず、量だけ意識してたっぷり使っていました。

   

タカミスキンピール:4,708円

もはや毎月の買い物の常連になったタカミスキンピール。乾燥、毛穴、透明感対策のために、10本以上使っている美容液です。

最近、フェイスラインのプツプツが悩みの夫もタカミスキンピールを使い始めたのですが、肌の調子がよくなってきたみたい!ターンオーバーを整えてくれるから、ニキビやプツプツ系の悩みにも合うようです。

乾燥肌のわたしは秋冬にかけて肌の調子が崩れやすく、これからの時期がスキンケアの正念場になるので、タカミスキンピールは絶対に切らさないように気を付けたいところ。

使い続けていると肌の調子が良い状態で安定する、お守り的存在です。

タカミスキンピール公式サイト

ドラッグストアであばれ買い:12,967円

ココカラファイン新宿三丁目店で1万円分爆買いしたもの

新宿三丁目にあるドラッグストア「ココカラファイン新宿三丁目店」が大好きで、新宿で時間があるとつい寄ってしまいます。

4階建ての建物にコスメがギッチリ詰まっていて、テスターや鏡、コットン類も豊富なのに、なぜかいつ行っても妙に空いているんです。心ゆくまでコスメを吟味できる、まさにコスメ好きの遊園地!穴場すぎて、もはや潰れないか心配なくらい!

そんなココカラファイン新宿三丁目店で、プチプラコスメを約1万3,000円分購入。思いのほか散財してしまったけれど、とてもとても楽しかったので大満足です!

購入品は「ココカラファイン新宿三丁目店はコスメ好きの遊園地!1万円分爆買いしたもの」のブログ記事でレビューしました↓

ところでこの「爆買い」という言葉、なんとなく乱暴な感じがして苦手だな~と思っていて。似たニュアンスでもっといい表現はないかしら?と考えていたら、SNSで親切な方が「あばれ買い」という表現を提案して下さいました。

「あばれ買い」、勢いとユーモアはありつつニュアンスもバッチリ伝わって、なんて良い表現なんだ!

これからはありがたく、「あばれ買い」を使わせて貰おうと思います。

パーソナルジム:28,600円

週に2回、30分ずつゆる~く通っているパーソナルジム

ジムって行くまでは本当に面倒くさいし、今日はサボっちゃおうかな~と思ったりもするけれど、行って後悔することは皆無だからすごい。

ジム帰りは達成感と爽快感が心地よくて、気分もポジティブになるし、ほんの1時間前に家でウダウダしていた自分とはまったくの別人です!

そうはわかっていても、やっぱり面倒くさい気持ちはなくならないのがわたしのダメなところですが……。

通っているのは、手ごろな価格が魅力の「ELEMENT(エレメント)」というパーソナルジムのチェーンです。

        

合計:67,456円

2022年8月の出費をまとめると、こんな感じでした↓

  • ローラメルシエのお粉:6,893円
  • 灰リスのフェイスブラシ:9,800円
  • メラノCC:2,838円
  • ミノン美白フェイスマスク:1,650円
  • タカミスキンピール:4,708円
  • ドラッグストアであばれ買い:12,967円
  • パーソナルジム:28,600円

価格も内容も、自分としては平均的なお金の使い方だった印象。

たまにはすっごく高価なデパコスでも買ってみたいけれど、最近は仕事が忙しかったりして、美容雑誌をゆっくり眺める時間がとれないのが残念です。年末にかけて、すこしでも時間を作っていけたらいいな。

【アラサーOLの美容代記録】2022年8月

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはこちら
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気楽に美容を楽しみたいアラサーOLです。東京都内在住。敏感・乾燥肌のイエベ秋。美容部員・化粧品企画を経て、現在は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ取得

目次