仕事中の気分転換に。リフレッシュできて美味しいティーバッグ3選

ティーバッグ

仕事中に集中力が切れた時、耐えがたい何かが起こってしまった時。それでも美味いしいティーバッグがデスクにあれば、ひとまずお茶を飲んで元気を出すことができます。仕事の合間のちょっとした気分転換にぴったりな、気分の上がるお茶をまとめました。

SILVER MAGIC TEA WAND(シルバー マジック ティー ワンド)

シルバー マジック ティー ワンド

プリミアスティーというインド紅茶のブランドから出ている、スティック状のティーバッグ「シルバー マジック ティー ワンド」。パッケージがおしゃれでテンションが上がるのはもちろん、ひと箱にいろんなフレーバーが入っているので、「今日は何にしようかなあ」と選ぶ楽しみもあります

写真は8種入りのセットで、アッサムやアールグレイ、ダージリンなどの定番フレーバーから、ミントやカモミールなどのハーブティーまで入っている大満足なひと箱。

シルバー マジック ティー ワンド

ティーバッグは一つずつ、しっかり密封されているので、香りが新鮮なままなのも嬉しいポイント。とくにアールグレイなどのフレーバーティーは、淹れた瞬間に華やかな香りが広がって一気にリフレッシュできます

8パックで2500円と少しお高いけれど、その分とっておき感があるので、「今日は頑張ったし、シルバーマジックティーワンド飲んじゃお!」と自分へのご褒美にも◎ ちょっとした手土産にも喜ばれると思います。

FORTNUM & MASON(フォートナム・アンド・メイソン)

フォートナム・アンド・メイソンのティーバッグ

イギリスの老舗紅茶店「フォートナム&メイソン」。なんと創業は1707年にさかのぼるそう! 紅茶の国・イギリスのブランドらしく、ものすごく沢山のフレーバーがあるなかで、人気の3種だけポケットサイズのティーバッグ缶が発売されています。

このちんまりとした、手のひらサイズの缶が猛烈にかわいいのはもちろん、正統派どまんなか!な香り高さは、さすがフォートナム&メイソン。一杯の満足度が高い紅茶です。

フォートナム・アンド・メイソンのティーバッグ

各フレーバーの簡単な説明は、下記のとおり。

  • ロイヤルブレンド:フォートナム&メイソンの代表的なブレンド。アッサムのはちみつみたいな香りが濃厚に閉じ込められていて、まったり気分になれるお茶。ミルクにもよく合います
  • ブレックファースト・ブレンド:やや重たくて、キリリとさせられる香り。ロイヤルブレンドと同様にアッサムがベースだけれど、こちらはもっとしっかりとした味わいです
  • アールグレイ・クラシック:華やかで、上品で、気品あるベルガモットの香り。当たり前だけれど、スーパーで売っているアールグレイとは雲泥の差!

1缶5パック入りで1300円くらいなので、借りたものを返す時に添えるのにも便利。ただ、この紅茶缶には唯一にして最大の欠点「フタが猛烈に固い」があるので、ネイルの長い人や、パワーに自信のない人は要注意です。

yogi(ヨギ)のChai Rooibos

ヨギのチャイルイボス

スパイシーなお茶で有名なヨギティー。カルディコーヒーや、ihearbなどの通販でもで買うことができます。

アーユルヴェーダの考えをもとにスパイスやハーブがたっぷりブレンドされているから、飲むとポカポカしてくるのがヨギティーのいいところ。なかでもチャイルイボスのフレーバーは、ほの甘くスパイシーな香りがたまりません。

ヨギのチャイルイボス

ちなみにヨギティーは、ティーバッグの一つひとつに小さなメッセージがついています。例えば上の写真のティーバッグには、

Happiness is actually an art of living, which is in us.

――幸福は私たちが作る暮らしのアートです。

のメッセージが。仕事に疲れた時でも、こういうポジティブなメッセージを読むと元気が出るし、イライラが鎮まったりするもの。同僚や上司と一緒にティーブレイクをしながら、おみくじみたいに自分のタグを見せ合うのも楽しいです。

銀座 higashiya(ヒガシヤ)の和のアフタヌーンティー
東京・銀座にある日本茶と和菓子のお店「higashiya (ヒガシヤ)」の和のアフタヌーンティーへ行ってきました。都会の喧騒を離れてゆったりとした時間を愉しめる、穴場なお店です。

 

ふね

美容部員・化粧品企画を経て、今は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。
美容は好きだけれど、あくまで気分をよくする手段のひとつ。目の前の楽しさを追い続けることで、愉快で朗らかな一生を完成させる人生設計です。

ふねをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お茶 くらし
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました