断捨離スイッチON!掃除のやる気&モチベーションが上がる本3冊

掃除&断捨離のモチベーションが上がる本

掃除をしたい気持ちはある。断捨離してスッキリしたい!とも思う。

それでもなぜかやる気が出ない……ということが、よくあります。最初のきっかけさえつかめれば、あとはスムーズに掃除&断捨離を進められるのですが、そのきっかけがないというか、どうにも腰が重いというか……。

そんなときに必ず手に取るのが、掃除のやる気を出して、断捨離スイッチを入れてくれる本たち。「断捨離して人生が変わった!」体験談などを読めば、「わたしもこうなりたい!」とたちまち掃除欲が湧いてきます。

なかでも今回とり上げる3冊は、1冊まるごとを読み通さなくても一部を流し読みするだけで十分、掃除のモチベーションを上げてくれる本ばかり。パラパラとページをめくっているうちに、掃除をしたくてウズウズしてくること請け合いです!

スポンサーリンク

新 ガラクタ捨てれば自分が見える

ガラクタ捨てれば自分が見える

「新 ガラクタ捨てれば自分が見える」 (小学館文庫)は、“片付け界のパイオニア”ことカレン・キングストンさんによる大ベストセラー本。2002年の初版発売以来、なんと25万部も売れているそうです。

  • 「なんとなく捨てられないもの」の手放し方
  • 捨てるべきものの見極め方
  • 「もったいない」気持ちとの折り合いのつけ方

などなど、すぐに取り入れられるアドバイスが盛りだくさん!加えて、実際に断捨離をして人生が好転した人の体験談が沢山載っているのもこの本の特徴です。

大掃除をして気分がスッキリしただけでなく、失くしたと思っていたものが出てきたり、思わぬ臨時収入が舞い込んできたり、人間関係が上手くいったり。ひとことでいうと、「掃除をしたら運気が上がった」体験談がいくつも収録されています。

ガラクタ捨てれば自分が見える

「掃除と収入は関係ないでしょ」とか、「運気なんて気の持ちようでしょ」とか、冷静にツッコミを入れようと思えばいくらでも入れられるのですが、それでもやっぱり、リアルな体験談を読んでいるとモチベーションが湧いてくるもの。

それに、家がきれいだと心身がより休まって心に余裕ができるし、ものが少なければ家事の時短にもなるし……と、掃除に+αの効果があることもまた事実だと思います。

著者のカレンさんが風水研究家なこともあり、思い切りスピリチュアルなことが書かれているパートもありまですが、それ以上に普遍的なアドバイスも多く、超・現実主義者なわたしでも抵抗なく読めました。

気合いを入れて大掃除&断捨離をして、心機一転したい!気分のときにピッタリな1冊です。

フランス人は10着しか服を持たない

フランス人は10着しか服を持たない

こちらも言わずと知れた人気本の「フランス人は10着しか服を持たない」(だいわ文庫)。書店で平積みになっているのを見た人も多いと思います。

著者のジェニファー・L・スコットさん(アメリカ人)が、フランス貴族の家にホームステイした際に学んだことをまとめた内容。

「ブランドもののカバンを持ってなくても、流行りのファッションに身を包んでなくてもいい。自分のスタイルを持って、日常を楽しむことこそが重要なんだ」というメッセージは、便利で何でもすぐに買えてしまう現代だからこそ、胸に響くものがあります。

タイトルだけを見ると服の話に特化している印象ですが、実際にはインテリアから食事のとり方、ヘアメイクまで、ライフスタイル全般の話題が盛り込まれています。「間食はシックじゃない」とか、「物質主義に踊らされない」とか……読んでいて耳が痛い!

フランス人は10着しか服を持たない

もちろんフランス人が皆こうだとは思わないし、「“フランス人”や“パリジェンヌ”を勝手に美化して理想を抱いてしまうのは、日本人だけじゃないんだなあ」なんてひねくれた感想が浮かばないでもないですが、それでも読めば「素敵だなあ、憧れるなあ」と思ってしまうのだから仕方ありません。

なれるものならシックでミステリアスで、自分らしいスタイルをもった女性になりたい!そのためなら掃除も断捨離も頑張れる!と、うまい具合にやる気を引き出してくれる本書。クローゼットの大掃除や、衣替えのタイミングで読むのもおすすめです。

ヘンリ・ライクロフトの私記

ヘンリ・ライクロフトの私記

「ヘンリ・ライクロフトの私記」(岩波文庫) は、イギリスの作家・ギッシングによる著作。ライクロフトという初老男性の日記の形をとって綴られた、エッセーのようであり、小説のようでもある1冊です。

日記というだけあって、とくに起承転結があるわけでもなく、ただただ主人公がのどかな田園地帯で散歩と読書にふける日々が描かれています。……というと退屈そうに聞こえるけれど、むしろ実際はその真逆で!

たしかに表面上は地味に見えるライクロフトの生活ですが、その頭の中は退屈している暇なんてありません

  • 欲しかった本が届いて大喜びしたり
  • 散歩中に見かける花の名前を覚えるのに忙しかったり
  • 1日中好きなこと(=読書&散歩)をして暮らせる喜びを噛み締めたり

外から見たら、ただの田舎で1人静かに暮らすおじいちゃんなのですが、内実はメチャクチャに充実した日々をエンジョイしている、超絶ハッピーな人なんです!

ヘンリ・ライクロフトの私記

「ヘンリ・ライクロフトの私記」を読むと、沢山の予定を入れて、ショッピングもして……と贅沢しているはずなのに、「最近、つまんないなあ」「なんとなく満たされないなあ」なんて思ってしまう自分が恥ずかしくなります

だって、ライクロフトおじさんは些細な日常をこんなにも生き生きと楽しんでいるのに!わたしってば、日々を楽しむ好奇心や知性が足りないのでは!?と猛省。「お金を使って何かを消費する以外の楽しみを見つけよう」「より豊かな気分で暮らせるように、身の周りを整えよう」という気分にさせてくれます。

ちなみにライクロフトは、都会の無駄に華やかな生活や、世間の流行りものを小馬鹿にしたりと、ちょっとひねくれた性格。思わずフフッと笑ってしまう皮肉の効いた描写も多く、読み物としても大好きな1冊です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふね

気楽に美容を楽しみたいアラサーOLです。美容部員・化粧品企画を経て、現在は編プロ勤務の編集ライター。化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ取得

ふねをフォローする
LIFE STYLE家事の効率化
ふねの美容ブログ
タイトルとURLをコピーしました